映画やお芝居、漫画など、趣味に走りまくった徒然ブログ。 ボークス社製球体関節人形(SD)も取り扱っております。 グラスアイや人形の擬人化等が苦手な方はご注意ください。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








1冊目終了♪


さしたる苦もなく、空いている時間だけで1冊目を読み終わりました。

何を読んだのかというと。
神永学さんの「心霊探偵八雲 SECRET FILES 絆」

ただ怖がらせる類のホラー物は大っ嫌い、推理物は大好きなワタシにとって、初めてこの作品のタイトルを目にした時には、食指が動かなかったんですけどね?
以前、どこかの局(たぶん、CS)で放映されていたドラマを偶然見まして。
重きを置いているのはどちらかといえば推理部分で、霊的な分野に関してもワタシが苦手としているタイプではなかったので、俄然興味が湧いた作品です。

も、即座に図書館に借りに行きましたもん、既刊本全部。
確か、3巻まではすぐに借りることができたけど、4巻・5巻は順番待ちだった気が・・・
その後に発行された6巻に関しては、確か予約しても中々順番が回ってこなくて、2,3ヶ月待ちだったような・・・

ま、だからこの「絆」に関してはすぐに手を出さず、今頃まで待っていたんですがね。
(お陰ですぐに借りられた

うん、やはり八雲くんの話は面白いですね。
あっという間に読んでしまいました
今回は番外編。
八雲くんが中学生の頃を描いた過去話で、八雲くんの性格が今よりもキツいわ、荒々しいわ、すさんでるわ・・・
なのに、サブタイトルの「絆」という言葉がしっくりくる話でした。

次は今月末に最新刊、そして来月には舞台かぁ・・・どんな話なのかな♪



さて、次は梶尾先生の「きみがいた時間、ぼくのいく時間」を読むことにします。
春から始まる、演劇集団キャラメルボックスのクロノス・シリーズ最新作の原作に当たる作品です。

何でも梶尾先生、偶然、キャラメルの事務所かどっかで会った上川氏をモデルに、この話の主人公を書いたのだとか。
それを聞いたらこっちもねぇ!ってことで成井さん、上川さんを主演に持ってきたそうなw
3年ぶりのホームグラウンドで、上川氏がどんな演技を見せてくれるのか、今から楽しみです。

そして、舞台を見る前に、原作を読んで予習するのです、ふっふっふ☆
(ちなみにチケット入手済み♪)
スポンサーサイト





ジャンル:本・雑誌 テーマ:読んだ本。
2008⁄02⁄20 11:49 カテゴリー:日常
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2017 banchina. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。