映画やお芝居、漫画など、趣味に走りまくった徒然ブログ。 ボークス社製球体関節人形(SD)も取り扱っております。 グラスアイや人形の擬人化等が苦手な方はご注意ください。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








上野サイン会。


興奮してたのかなぁ?
目覚ましよりも2時間も早く目が覚めてしまった。実質、4時間しか寝てないわ・・・
なんでって、今日は上野で双子のサイン会があったからですよ!
当然、行こうと思ってたんですよ。
なのに、興奮してたのか寝つきも悪ければ、目覚めも早く・・・・・・

それでもまるで普段着かのように浴衣を着て、あの酷暑の中、アメ横をパタパタと歩いて行ってきました!
(まぁ、実際、日舞をかじってたことがあったんで、浴衣は着慣れております、ハイ)


そーして、浴衣姿で双子と3ショ撮ってきました♪
出来上がり見たら、も、満面の笑みですよ、ジブン
ささやかなプレゼントも渡してきたし、握手&ハグしてきたし。
自分のカメラで撮影はしてないけど、取り敢えずは満足。

それから、いきつけのお店に行って涼を取りつつ腹ごしらえ。
その後、よせばいいのにてけてけ歩いていって、不忍池から入って上野公園を散策。(暑いのに・・・)
濃いピンクの蓮の蕾を見て、咲いてるところを想像しつつぐるりと回り。
西郷さん経由で駅に戻り、ロッカーに預けてた着替えを取出し、暑さに耐えつつフルチェンジ。
ホグワーツ夏制服(単にワイシャツとネクタイと黒いズボン)で2巡目突入でございます。
ネクタイと化粧直しだけは会場脇のトイレで済ませたんだけど、そこで既に自分の番は終わったとゆー方としばし語らっておりました。


そーして、またもや3ショ&ダブルサイン
浴衣姿の時は流石に着けてなかったけど、今度は再び両腕に時計装着して気合い入れました!

・・・それでもやっぱり緊張はする。
例え3回目でも、双子が優しくてもするもんはします。
列整理のお兄ちゃん(2回とも川崎の時と同じ人。しっかり顔を覚えられてました・・・)が
「もう3回目なんだから、緊張はしないでしょ?」
って言ったって、するもんはするんだい!(〇>_<)

でも、今回は思い切って、腕を組ませてもらいました!
何とかお願いしようと思って拙い英語を使ってみるも、拙いもんはやっぱり拙いわけで。
最初は伝わらずに、肩組んでくれようとしたんですよ。
で、「あ~・・・」とちょっと唸ったら、Oliverが察してくれたようで、腕を差し出してくれました。
ありがとう、Oliver!疲れてるだろうに、気を遣ってくれて。
・・・出来上がった写真、ワタシ、してやったりって顔してましたわ。あはは。


そして。
サインの列で待ってる時、例のお兄ちゃんに通訳はできないか聞いてみると・・・
「あー、俺全然ダメ。じゃぱにーずおんりー」
「あはは、じゃぱにーずおんりーなんだー、みーとぅー」
なんて言ってたら、なんと社長に通訳頼んでくれました!
ありがとう、お兄ちゃん!あーた、いいひとだ!!

お陰様で映画の感想は伝えられたし、双子ツーショも撮らせてもらえて、握手もできて、大満足☆
ホントはもっと伝えたいことがあったけど、それは囲む会とゆーチャンスがまだあるさ!


にしても今回、双子もだけど、お兄ちゃんも社長さんも気を遣ってくださって、本当に感謝感謝です。
人に優しくすると、きっとイイコトが還ってきますよ。
・・・てことで、ワタシも少しは見習おうと思ったのでした。

でも、追記にちょっと毒吐いてます。(ヲイヲイ)


いや、毒ってほどもモンでもないかもしれないんですがね?
ちょっと今日のサイン会と、あと川崎の時にもちょっと気になることがあって・・・

まず川崎。
2人が舞台挨拶を終えて退場した途端、映画本編を見ることなく、さっさと出て行ってしまった方が、結構いたんですよ。
中には、何らかの事情で本編を見ているだけの時間がなく、せめて舞台挨拶だけでも!という方もいらしたかもしれませんが・・・
退出された殆どの方は、その直後から始まったサイン会に行ったものと思います。(それらしい物を持って、戻ってきた方もいたし)

彼らとすぐに直接会いたい気持ちも、早くに並びたい気持ちも解りますよ?
でもねぇ、途中退出はマズイっしょ。作った側が1番傷つく行為ですよ?
ついさっきまで自分たちが舞台挨拶をしていた会場にいた人が、肝心の映画本編そっちのけでサイン会に駆けつけたとして、彼らが本心から喜んでくれると思うのかな?
メッセージで「自分たちも楽しんで作ったから、皆にも楽しんで見てほしい」って言ってた彼らが。

んで、今日の上野。
なんかね、何枚も何枚も撮ってる人がいたんですよ。
休憩中も我が物顔に仕切りの中にいて、双子が戻ってくるの待ってて・・・
あれだけ何回も行って、たぶん他の地域のイベントへも追っかけてってる熱烈なファンで、スタッフやマネージャーさんとも仲良くなってるのかもしれないけど・・・
凄いなぁとも思うケド、なんだかなぁ。
周りが見えてないとゆーか、周りなんてカンケーないと思ってるっぽいトコが見えて、ちょっと・・・。
それに写真1枚1枚の重みっていうか、価値が薄れないのかなぁ・・・?

・・・なんて、ちょこっと思ったのでした。
スポンサーサイト






ジャンル:映画 テーマ:映画関連ネタ
2007⁄07⁄28 23:48 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2017 banchina. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。