FC2ブログ
 映画やお芝居、漫画など、趣味に走りまくった徒然ブログ。 ボークス社製球体関節人形(SD)も取り扱っております。 グラスアイや人形の擬人化等が苦手な方はご注意ください。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








発砲まんがまつり♪


えー、日付改竄2つ目です。
(通算すると・・・いや、言うまい


発砲
たった1日限りのイベント、TEAM発砲B-zinの「春の発砲まんがまつり」を見に行ってきました。
(たった1日ですので、ネタバレしまくりです。ご了承を)
ちなみに、写真は今回の戦利品です。(「ジューゴ」見に行った時は何も買えなかったので

午後からのイベントの為に、朝の9:30には下北沢・本多劇場前へ。
本当はもう少し早く着くように家を出るつもりだったのですが・・・
それでも、ざっと数えて40人目くらいかな?という位置に収まっていました。
本を読んだりして時間を潰している間にも、列はあれよあれよと言う間に延びていきます。
急遽、11:00頃に整理券が配布され、開場時間になるまでは久し振りに下北の街をぶらついたりしてました。

最終的には130人分ちょっとの当日券が配布され、最後の方の人たちはロビーで中継画像を見ることに。
ワタシは37番目だったので、最後尾の補助列か通路にお座布団のどちらかが選択できました。
当然(?)少しでも近くで見たかったワタシは、通路席を選択。
客席中ほどの下手側の通路に陣取ることになりました。


いよいよ時間になり、前説がなんと「トランスフォームリフォーム」のガブリエル・草野さん!
きゃ~、久し振りだぁ~、素直に嬉しい~!
前説が終わってしばらく待つと、今度はオープニング。客席が揃って手拍子を打って開幕を待ちます。
出てきた、出てきた、10人が!歌って踊って、場内が一気に盛り上がります!!
曲が終わると、きださんの挨拶があって、このおまつりのコンセプトの説明もありました。

このお祭り、「東映まんがまつり」を意識してんですよね。
だから入口で紙製のサンバイザーが配布されたり、スクリーンに「東映~」っぽいレイアウトでタイトルが出たり、二部構成だったり。
あ、もちろんサンバイザーは被りましたよ?やる方がとことんやってくれるなら、見るほうもとことん乗らなきゃネ♪


第1部は、建設中のハッポウランド(発砲の芝居をモチーフにしたテーマパーク)が舞台。
きださんが作者監修の名目で、オープン前のこの地に来た、という形で始まります。
そーして出てくる発砲のキャラクターたち!
まずは時代劇のヒーローたちが縦横無尽に駆け回り、次いで愛ちゃんが「マジヨ」のハナビの衣装で登場☆
んが、フリートークタイムにピンチに陥る。(^_^;)
そこへ歴代の愛ちゃんが演じたヒロインに扮した、他の劇団員(約1名男性/苦笑)が登場!
敵の黒幕(?)として、エビルマンまで登場するも撃退してめでたし、めでたし。(笑)


休憩を挟んで、第2部。
実はこの休憩中に、驚くべきことが・・・・・・

といったとこで「続きを読む」に続きます。(^▽^)ノ


▽read more


スポンサーサイト


ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:観劇
2007⁄04⁄29 23:43 カテゴリー:芝居
▲pagetop








ジューゴ。


最近、日付捏造ばかりです・・・。
あぅあぅあぅ、すみません。ここんとこ、書きたくても目の調子が悪くって、長時間パソコンに向かっていられないのです。


あ、さて。
TEAM発砲B-zinの15周年&解散公演「ジューゴ」を見てきました。
発砲を知ってから、もう10年近く。
タイミングさえ合えば見に行き、ナマが無理でもCSのシアターテレビジョンで放映されれば必ず見てきた劇団の1つです。
そう、ワタシの好きだったんですよ、あの「大の大人が笑って泣けるヒーロー物」をコンセプトにしていたあの劇団が。

今年の・・・初めでしたかね、帰省先から帰る時に解散を知って、どうあってもこの最終公演は見に行きたかったんです。
それでぴあのプレリザーブに申し込んだら、第二希望だったこの日が当選。
千秋楽こそ逃したものの、無事に見に行くことが出来ました。


まだ大阪公演やつくばでの大千秋楽があるので、ネタバレになるようなことは極力避けるつもりでいますが・・・
これから身に行くという方、もしいらっしゃったらお気をつけ下さい。
何がネタバレに通じるか、解りませんよ?

このラストシューティング(解散公演)はバーチャルアトラクションの世界に閉じ込められた10人のお話。
10人、つまり劇団員総出&ゲスト皆無です。
ちなみにタイトルの「ジューゴ」は、舞台となるバーチャルアトラクションにして、その元となった漫画の名前。
登場人物の名前も、その漫画のキャラになりきってアトラクションに参加してるってことから、その漫画のキャラの名前。
・・・ネットのHNみたいな感覚ですかね?

いつもの如くあの曲で幕が開き、プロローグ部分があり、スクリーン映像で流れるオープニング。
発砲の王道パターンです。
これも最後なんだなぁ・・・と思うと、ちょっと泣きたくなりました。(苦笑)
ワタシは今回、予算がなかった(だってお給料日前・・・)のでパンフレットは購入しなかったんですが、最初の段階で思わずニヤリとしてしまいました。
だって、キャラクターの名前が銃のメーカーなんだもん。
(実は一時期、創作活動の為にかなり調べていた過去あり)

話の展開もテンポよく、少しずつ色んな謎や背景が見えてきて、ラストに向けて収束していくところは流石だなぁ・・・って感じ。
上演時間もそんなに長いものではない(おおよそ1時間30分ちょい?)けど、詰まっている物はとても多い。
笑ったり、ドキドキしたり、とても楽しい時間でした。


本当に、これがラストシューティング(最後の作品)なんだなぁ・・・
実感無いケド。


ちなみに、日替わりカーテンコールは貞クンでした。
客席を写メしようとして、電話がかかってきたのには笑わせてもらいました。(^_^;)
鳴り止まない拍手に劇団員のみなさんが何度も再登場してくれて、申し訳ないやら嬉しいやら・・・。


本当に、15年間お疲れ様でした。
楽しい時間をありがとう、発砲。



・・・・・・でも、いつか復活してください。
米米も復活したことだし、ね?|電柱|ー ̄) 隠れニヤリ




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:演劇
2007⁄04⁄24 23:40 カテゴリー:芝居
▲pagetop








まつさをな。


えー、まずはスミマセン。日付、捏造しております。(汗)
いや、この日にあったことなので、捏造っていうのも変な話なんですが、書いているのは後日なので。(^_^;)

だって、やっと落ち着いたと思ったら、翌朝で・・・
それからどーやって書こうか考えてたもんだから。


で、何かというと。
演劇集団キャラメルボックスの新作時代劇「まつさをな」を見に行ってきたのです。
実は、意外にも今年初めてのキャラメルでした。
(「サボテンの花」は見に行けなかった)
そして、久し振りに「真剣に」観た芝居だった気がします。

・・・いや、ちょっと言葉が違うかな。
どの芝居もいい加減な気持ちでは見ないので。
ただ、ここ最近見ていた作品とは毛色が違うというか、視点が違うというか・・・
えーと、例えて言うなら「NACSはテキーラ、ブリミュはカルーア、今回のキャラメルはジン(時代劇だから冷酒もあり)」かな?
あ、余計解らないですか?
うーんと・・・


こんなに固唾を飲んで、
ハラハラしながら、
探り探り、
食い入るように観たことが、

最近はなかったように思う。


・・・うん、これだ。
(奇をてらわずに、最初からそう言いなさい)

だってほら、新作時代劇ですから。
話の中には、命の危険やら、藩内の黒い動きやら、身分格差やら・・・
不穏がいっぱい、展開は読めない、殺陣だって当然あるわけで。
他にも気になること(ネタバレになるから、これは言えない・・・)があって、も、ホントにクライマックスまで「うわぁ・・・うわぁ・・・(@_@;)」と、拳握り締めてたんです。

それだけじゃなくて、笑えるトコも沢山あったんだけど。(o‘∀‘o)
今回は劇団☆新感線の粟根まことさんもご出演なので、独特のすっとぼけたギャグも随所にちりばめられているのです。
しかも奥方役の坂口さんと一緒に、周りをも巻き込んで可笑しいったらない!
時代考証無視したネタは、新感線テイストですなw


そうそう。
ブログで加藤さんが「『TURUTH』と比較されがちだけど、『観後感』が違う」と仰ってましたが。
これも納得です。

確かに、アレとかコレとかソレとか、アノへんとかココんとことかソッチとか、「TURUTH」を彷彿させる部分がアチコチにあった。
オマージュ的要素はあるように見える。
でも、人物相関図や時代背景も、ネタも、展開も、全て似て非なるモノだし。
決して焼き直しだの、仕切り直しだの、二番煎じだのという劣悪な印象は感じられなかったです。(そんなんだったら、夢中にならない)

言うなれば、姉妹作ですかね。
いや待て、直接の繋がりはないから・・・従姉妹作?(そんな言葉はありません/苦笑)
いやいや、待てよ?そもそも文字表記からして「姉妹」とか「従姉妹」なんてのは、あの骨太な中身に似合わない。
両作品とも似合わない。
いくら今作品の主役が女の子でも、似合わない。

・・・・・・従兄弟作ってことで、どーでしょ?(誰に聞いてんですか)



あとはまぁ、個人的なことなんですが。


やっぱ、あつをさん、カッケエェエエエエ!!!!!!(((o(∇≦o)(o≧∇)o)))


・・・あはは、ちょっと上までの、わりかしマトモ(?)な感想が台無し。(苦笑)

や、だって。好きなんだもん。
芝居ではあんなにキリッとしてて、ダンスも上手くて、黙って立っててもカッコよくて。
カーテンコールの挨拶になると、途端にぐだぐだになっちゃっても。
(そーいや、木曜なのに月曜って間違えたよな・・・即座に気付いたらしいおっかーさんが、ずーっと怪訝な顔して首傾げてたわ)

好きなもんは好きなんだい!



あー、ワタシの雄叫びはスルーしてもらって。(こほんっ)

今回の新作は、恐いくらい迫力あります。
気迫があります。
事件もあります。
笑いもあります。

見て損はないです。

むしろ、見なきゃ損です。

男性ウケが良いのが納得できる、骨太でカッコいい芝居です。
でも、女性にもお薦めです。


サンシャイン劇場で、GWいっぱい(正確には6日まで)やってます。
千秋楽以外は、まだ余裕で席が取れます。


是非!





・・・・・・つか、ワタシは並ぶんだろうな。千秋楽の当日券。




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:観劇
2007⁄04⁄19 23:21 カテゴリー:芝居
▲pagetop








お花見オフ♪


20070404002505
短期間で企画・相談・準備した、お花見オフに行ってきました。
メンツはしずるお姐ちゃん、ざくろむさん、のぶちゃん、そして途中参加のきぃさんに、ワタシ、計5人。
場所は初期の「創竜伝(田中芳樹著)」でお馴染み、中野区哲学堂公園です。


多少のトラブルはあれど無事に合流し、必要な物を買い揃え、最寄駅に着いてからてくてくてくてく。
やがて見えてきた、今年も見事な川べりの桜並木!
そして園内に入れば、今年も見事な花見客の多さ!
・・・学生時代、平日にのほほんと見に行けていたのが懐かしいですよ。(´Д`)

それでも何とか場所を確保し、レジャーシートを広げてホッとひといき。ε- (ー ^ ) フッ
朝っぱらから狭い台所を右往左往して準備した、お団子やらサンドウィッチやらを取り出し、それぞれに買った500ml~1Lの飲み物を開けて宴k・・・いやいや、お花見が始まりました♪
一部、花より団子になっておりましたなw
(よかった、残らなくて/苦笑)

途中、花弁が風に舞って、なかなか風流でございました♪


ひと心地ついた辺りから、SDがチラホラ・・・
お姐ちゃんトコのゆずぴー。
きぃさんトコのあざみちゃん。
ざくろむさんトコの穂華ちゃんと、もひとりのルナちゃん。
のぶちゃんトコの蜜杞ちゃんや、新顔のルナ(シトリンちゃんだっけ?)
そしてウチの夏己サマに、愛・・・はオネンネしてたけど。(;^_^A

ちなみに、ゆずぴーとあざみちゃんは同じウィッグを試しておりました。
うーわー、似合っちゃってるよ、センパイw(智琉談←ゆずぴーとは先輩・後輩の間柄設定)
あざみちゃんも可愛いっス。
元々スタンダードでは凌が1番好きで、女の子カスタムしたいと思っていたんですよね。(初期、華穂候補だった)
それをきぃさんがやってるもんだから、ついつい目が行くw

お姐ちゃんの新幹線の時間もあり、陽が傾く前に撤収。
その前に、折角来たんだからってことで、思い思いに桜を撮ってきました。
すーんごく近くでも。(笑)


帰りもてくてくてくと駅まで歩き、ちょうどよく来た電車に乗り込んで、しずるお姐ちゃんとは新宿駅でお別れ。
わざわざ地元から来てくれてありがとう、お姐ちゃん。
楽しかったよ~、また遊ぼうね♪

その後、残ったメンツはゲーセンへ。
ここでワタシ、初めてマジアカ参戦いたしました。
いやー・・・・・・ハマるね、アレ。
負けず嫌いな人や、知識欲の強い人、もちろん元々のゲーマーもハマる要素がありまくり。
そう頻繁には通えないけど、機会がある時にちょこちょことレベル上げしてこうかな。
ちなみに今日1日でユニコーン組の見習魔道士になりました。
・・・級数は忘れた。(爆)
これって、ペース的にはどうなのかしら?


ともかく。
準備も含めて、今日1日とっても楽しかったです。
お付き合いくださった皆様、本当にどうもありがとうございました。
また遊ぼうネ♪



・・・あ、駅で焼き栗サービスしてくれた後輩にも感謝☆





2007⁄04⁄01 23:11 カテゴリー:SD
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2007 banchina. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。