映画やお芝居、漫画など、趣味に走りまくった徒然ブログ。 ボークス社製球体関節人形(SD)も取り扱っております。 グラスアイや人形の擬人化等が苦手な方はご注意ください。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








ハロウィン顛末記☆(過去日記)


ふぃ~、やっと落ち着いてブログが書ける。(;^_^A
(現在の声。以下、過去に遡ります)


事の起こりは、仕事と整骨院での治療が終わり、帰宅した時のこと。
郵便受けに、1通の不在連絡票が・・・
見ると中身は、ヤフオクで落とした幼っこ用の黒猫着ぐるみ。

予想より早く届いた。
これならイケるかも。

・・・うし。
ハロウィンが終わるまであと3時間ちょい。

ちょっと、頑張ってみよっかな。


・・・と、思い立ったが、半徹夜状態な一夜の幕開けでした。(苦笑)
保管している局の時間外受付に赴き、ブツを受け取り、帰り掛けに100均に寄って必要なモノを漁り、帰宅。

そーして、倅たちのハロウィン支度が始まりました☆
まぁ、ワタシは不器用さんですから、そんな短時間にアレコレ作ることなんてできませんから。
ほとんどがありあわせ+一部改造。
1から作ったのは、凍透に付けた猫耳&しっぽだけです。(しかも大雑把/泣)
この、準備と着付けとセッティングと撮影と加工で当夜は手一杯。
その後は多忙な日々になってしまったので、あぷできませんでした・・・


本当は、前々からネタも浮かんでいたんだけどねぇ・・・。
それに合わせて自分で衣裳を作る気力はなく。
企画倒れはイヤだったので、前振り話も撮影せずお蔵入り。
(実は、夏己サマが米米のライブを諦める代わりに、衣裳をねだるとゆーネタがあったのだ)

昨夜もふつーの撮影だけじゃなくて、ネタ撮影もしたかったんだけど。
あえなく、時間切れ。
(本当は凍透が、あのカッコを嫌がって、周りから言い包められるとゆーネタがあったのだ)


20061031_1
つか、着ぐるみが予想以上に早く着かなかったら、ハロウィン自体、やる気は起きなかったでしょう。
(そんだけ日々の中で気力がすり減っていたのね・・・)


ホントはたくさん撮影したんですが、全部を載せることなんてどだい無理な話なので・・・
同じ構図で、微妙に違いをつけて撮ったこの2枚を。


やろーどもを立たせて、周りでちまっこお嬢様ずに飛んでもらいました。(笑)

20061031_2

・・・んが。

約1名、やろーと言うのが何ともびみょお~なヒトが・・・(^_^;)


正直、ここまで中性的になるとは、思わなかった・・・
嬉しい誤算だわv(え?)


スポンサーサイト


ジャンル:趣味・実用 テーマ:スーパードルフィー
2006⁄10⁄31 23:52 カテゴリー:SD
▲pagetop








再び、マツリ。


定時きっかりに職場を後にし、行ってまいりましたよ、横浜アリーナ!
もちろん(?)米米のライブ、再会感激祭・マエノマツリ編です。

・・・え、この前、さいたまに行ったろうって?


なぁにをおっしゃいますやら!


次にいつ、復活してくれるか解らないんですよ?
なら、行ける時に行かなきゃ。(笑)

前述の通り、仕事が終わってから出掛けたので、着いた時には開場時間ギリギリ。
水分確保と今のうちにトイレ・・・と、プリンスPePeに入ったら、偶然にも連れである3姉妹のおねーちゃんとバッタリ!
つか、行動パターンが同じ・・・?(・・;)


連れ立って会場入りし、今回の席はアリーナCブロック。
席に向かう途中、グッズ売場があったんですが・・・凄い行列。(・・;)
さ、さいたまで買っといてよかった・・・(´▽`)=3

今回の位置はちょっと遠くて、メンバーが飲み物のオマケのフィギュア並みにしか見えず。(;^_^A
でも、全体図はよく見えました。

まぁ、いいんですよ。
さいたまがマエ・アトで両サイドから見ることができてたんで。
その時に、メンバーは多少、大きく見えてましたから。

それに、昔、てっぺいちゃんも言ってたじゃないですか。
ステージ全体が見える位置だ、って。
それを見た、と思えばいいんです。
(でも、やっぱり負け惜しみ?/苦笑)



あ、さて。
構成はさいたまと変わりませんが、ネタが少々違っておりました。
所々では、ありますが。

あと、ゲストが違った。
ボーナスの始まり方が違った。

誰?とか、どんなふうに?というのは、ネタバレですので・・・
まぁ、今日限定なら、暴露してもいいのかもしれませんが、やっぱり・・・ねぇ?(;^_^A
マエ編はもう1日、土曜日の追加公演が残っていますし、その時がどうなるのか解りませんから・・・。
(行けないけどね、ワタシは/くすん)
だから、今はナイショにしときます。


ただ、ひとつだけ言えること。

盛り上がりましたよぉ~?!!

あと、てっぺいちゃんがミス連発★
しょーがないなぁ、もぉ。
久々の横アリでキンチョーでもしましたか?(;^_^A



結構踊って身体を動かしたし、ボーナス・コールで発声練習もしたし(笑)で、またもやすっきりしました。

さぁ、また明日はアトノマツリ編だぁ!

行かれる皆様、ご一緒に楽しみましょう!
そして、メンバーが「復活してよかった!またやろう!やりたい!」って思ってくれるように、盛り上がって、盛り上げて、サイッコーのひとときにしましょう!
(もちろん、追加公演でも、ね?(^.^)b)




ジャンル:音楽 テーマ:米米CLUB
2006⁄10⁄18 23:28 カテゴリー:音楽
▲pagetop








どぉにも、と・ま・ら・な・い♪(ネタバレ注意!)


はぁい、行ってきました米米ライブ2日目・アトノマツリ編!
いやぁ、もぉ、スゴかったですよ~?
前日のマエノマツリ編は、本当に「前哨戦」でしかなかった!!



新宿に用事があったこともあり、ワタシたちが会場に到着したのは開場時間の少し前。
既にあちこち人の群れ。スタバでコーヒー買おうとしても、長い行列が・・・(汗)
ひとまずコンビニで補給用の水分、エクセでコーヒー買ってまったり・・・しようかと思ったんだけど。
入場してからでいいやとタカをくくっていたグッズ販売、今日は入口の関係上、中で買うのはムズカシイ。

・・・・・・急遽、ねーちゃんと2人で並びに行きましたともさ。
そーして扇子を購入したついでに(←え?)、BONさんのカレーも買ってきてしまいましたともさ!
ええ、つい、出来心で!!(笑)


最後尾に向かうまでの間にも、自分のお子さんにシュークやてっぺいちゃんのコスをさせている親御さん発見。
昨日みかけた水玉フワフワのお嬢ちゃんもいれば、「Kick-Knock」のアラビア衣装(てっぺいちゃんVer.)のお嬢ちゃんもいるし!
他にも自分で着ているお母さんたちもいるし、衣装のバリエーションが昨日よりも多い!

しかもですね、とある一角でですね、昔の原宿を彷彿とさせるような光景が・・・!
最初はね、ラジカセから音楽流しながら、女性数人がツアーTシャツ着て輪になって踊ってたの。
それがどんどん人数が増えていって、しかもコスした人たちがどんどん加わっていって、とんでもない事態に!
ライブ会場 ← コレ、現場写真ね。

そんな光景を尻目に、我々はNゲートから入場。
今回は1ブロック分、ステージに近付きはしたものの、昨日よりも倍くらい上方から見下ろすことに。(^_^;)
またしても振り付けプロモを見ながら踊り、会場内を見回しながらコスを堪能し、アイテムをすぐに取り出せるようにセッティング。



そして始まったアトノマツリ!

やっぱり、繰り返し言うけど、マエ編はただの前哨戦だったよ!
むっちゃ濃い よ、こっちは!!

メニューの一部は昨日と被ったりしてたんだけど、米米らしさは今日の、つまりアト編の方が絶対強いです。
これ、ワタシだけじゃなくて、一緒に行った相棒たちも同じように感じたらしいから間違いない。
何故かなと思ったら「AとB、どっちかっていったらこっち」っていう曲がアト編の方が多いんですわ。
JOの曲にしても、リンダのカバーにしても、シュークの曲にしても。
それと、これはネタバレになっちゃうんだけど・・・

ライブでやる「MATA(C)TANA」は、むっちゃ盛り上がります!

「WELCOME 2」も当然、激しくって盛り上がるんだけど、「MATA(C)TANA」はアイテムもあるし。アレコレと合いの手も入れられるからね。
(まぁ、グッズの扇子はちっさくて、自分の扇子使ったんだけど、結局は)


マエ編もあっという間に終わっちゃったけど、アト編はもっと「あっという間」でした。
あれ、本編終わりか?もぉ??と思って左腕の時計を見ると、確かに2時間以上経っている。
嘘だろぉ?と思って右腕の時計を見ても、やっぱり同様に時間が過ぎたことを示している。
(ワタシは休日の時は、双子モデルな時計を両腕に着けているのです/苦笑)

・・・我が目を疑いましたが、事実だからぁ、仕方がない。


仕方がないから、水分補給をしつつ、座席の折りたたみ部分に腰掛けて「ボーナス・コール」開始。
開始したのはいいけれど、周りからは拍手は聞こえど、コールが聞こえてこない!

・・・どうやら、周りには「米米ライブは初」という、新米さんが多かったようで。
古米はうちらを除けば、連携の取り難いほどの位置に少しずつしかいなかったようで。
会場全体に耳を澄ませば、アチコチでコールしてるもんで、ドコに合わせたらいいのか解らない。
それでもなんとか続けていたら、ステージにライトが当たって、メンバー登場。
その際、てっぺいちゃんが

「ボーナス・コールとアンコールが混ざって『アン・ボーナス(ボーナスはいらないってことかな?)』って聞こえた」

・・・とか言って、苦笑いしてましたよ。(苦笑)
そっか、ボーナスを知らないお米さん(ファン)もかなりいたんだね。ふむ、これも時代だね。


= マメ知識ならぬ、コメ知識。=
米米は昔から「アンコール」と言わず「ボーナス・ショータイム」と詠っていたのですよ。
だからお米さんたちも「アンコール♪」とは叫ばず、「ボーナス、ボーナス!」とコールするのだ。



そーして始まった、アンケート結果に基づくメドレー集・アトノマツリ編。
アンケート結果にバラつきがありすぎて、急遽マエ編・アト編で作ることになったメドレーw
これも楽しかったぁ~♪

あ、そうそう、今日はHOME MADE 家族がゲストで来てました。
隣の席のおねぇちゃんは、どうやら彼らのファンだったようで、出てきた途端に立ち上がってましたよ。それまでは座っていたのに。(--!)!!
わざわざ、ほんの数分間の為だけに8,888円も払って米米に来たのか?
それはそれで凄いと思うケド、どーせなんだから全部を楽しみなさいよ。
昔から言うじゃん?


踊る阿呆に、見る阿呆

同じ阿呆なら踊らにゃソンソン☆


・・・・・・そーすりゃ、頭部に腕が当たるなんてこともなかったんだよ。せいぜい、腕同士が当たる程度で済んだんだよ。(ぼそり)
(↑ちゃんと謝ったよ?しかも2、3回!)




その後、もう1度ボーナス・コールやったんだけど・・・
ワタクシ、よもやこーゆーところで、己の成長を実感することになるとは思いませんでした。(苦笑)

だって、我々がいた辺りでは、ワタシだけが「ボーナス、ボーナス!」と声をあげていたのですよ。
そしたら、周りの古米さんたちはそれに合わせて手拍子してくれるし。
昔は正直、声が枯れるまではいかなくても、結構喉が痛くなったりしてたんだけど、今回はそんな兆候はコレを書いている今の時点でも全くない。
つまり、発声の基礎がちゃんと身についたってことじゃん?

・・・・・・この9年間、ワタシも成長したのねw


なんて、ちょっと嬉しくなりつつも、2度目のボーナスもすぐさま終わってしまい、そそくさと帰途についたのでした。


さぁ、次は横浜だ!
余ってたチケットも引取り手が見つかったし、これで心置きなく弾けられるぜ!!

待ってろよぉ、横浜ぁ~!!!!!!





ジャンル:音楽 テーマ:米米CLUB
2006⁄10⁄16 23:58 カテゴリー:音楽
▲pagetop








バカ騒ぎ♪(ネタバレ注意!)


さいたまスーパーアリーナで行われた、米米CLUBの「再会感激祭・マエノマツリ」に行ってきました♪
・・・って、実は昨日のことなんですけども。(つまり10/14)


実は帰宅の電車内で、既に足がヨロヨロ・・・・・・
家に着いた途端、逝っちゃうかもしんない、って思ってたら、正しくその通りになったのです。
帰宅後、そっこーオチましたたよ、この人。(笑)
それだけ、ぱわふるで、ごーじゃすで、たのしくって、あっというまでした。


もぉね、ほんとにね、楽しかった!!


そりゃあB'zもRAGもAN'SもTMNもポルノも好きだし、ライブ行けば楽しいけど。(ラルクは行ったことない)
こんなにバカになれるトコは、米米しかありませんよ、ほんと。

そう、バカになれるんです。

なりふり構わず、頭カラッポにして、日常も時間も年齢も(笑)悩みも全部忘れて。
踊って、踊って、笑って、踊って、歌って、踊って、踊って、遊んで、踊って、踊って、叫んで、踊って・・・・・・

・・・あ、踊ってばっかだw

だって、躰が自然と動くんですよぉ。
それにお隣さんがいなかったから、踊るスペースは十分あったし?
もぉ、手振りだけじゃなくて、足振りまでほとんどカンペキに踊っちゃいましたw
ふふふふふ、相棒も舌を巻いたぜよ。普段、勝てないことばっかだから、ちょっと鼻高いぜよ。
(スポーツとダンスしか勝てないような気が・・・/汗)

瞬間コピー技術も健在だったし?
・・・ん?そーゆーことに頭使ってたから、セットリスト覚えてないのか??(^_^;)


まぁとにかく、開演するまでの間に、どんどんボルテージが上がってくんですよ。
だってステージ脇の4台のスクリーンからは、シュークの振り付けプロモが流れてくるし。
アリーナ席にいた小学5,6年くらいの女の子が、それに合わせて一生懸命に踊ってるしw
もちろん、ワタシも踊ってるしww
あちこちで、やっぱり他のお客さんたちも踊ってるしwww

開演時間が近付くにつれて、衣装コスの人たちが見受けられるようになってくるし☆
でも、今回はおとなしめだったなぁ・・・あまり奇抜な衣装のコスした人はいなかったわ・・・つまらん。(マテ)
それでも「あ、『アソボウ』コスがいる」「お、あっちに『英雄伝説』の赤黒がいる」「あっちに『LAST~』で『FOXY』踊った時のがいる」「あれさぁ、『LAST~』ん時のボーナスで着てたやつだよね?」「あっちに市松(模様)さんがいる~♪」「上にキンキラさんがいる~☆」「あれは『LIVE-UFO』だよなぁ?」「おぉ、『MATA(C)TANA』が何組もいる」「あの振袖っぽいの『FUNK FUJIYAMA』だっけ?」ってあっちこっち見てるのは、やっぱり楽しいですわ☆(どっちだよ!)


そーして、始まったマエノマツリ!

も、ね・・・メンバーが出てきて、曲が始まった瞬間ね・・・・・・
嬉しくて・・・感激で・・・恥ずかしながら、涙ぐんじゃいました。(マジで)
や、だって!そりゃテレビや振り付けDVDでずっと見てきたけど・・・ナマで(ちっさくったって)目の前にどぉんときたら、違うよぉ。


あ、セットリストは書きませんよ。
無我夢中だったから、脳内記録中枢がマヒして覚えていないので。(をい!)
・・・の、前に。
これから横浜に行く人もいらっしゃるじゃないですか。
公式サイトのBBSも千秋楽が終わるまではネタバレ禁止になってもいるし。
なので、ちゃんと覚えていることに関しても、セットや衣装のことについても直接表現はしません。


ただ、わりと今回発表した曲はほどんどやりました。1曲を除いて。
(だから扇子は翌日発売なんだわ、きっと)
なので、横浜のマエノマツリに行く方は、新舞DVDを見ながら予習していくといいでしょう。
それと、大判のハンカチかバンダナを持っていきましょう。でないと、淋しい思いするよ?
(まぁ、当日のグッズに並ぶと思うケドね、ハンカチ)

途中のMCもねー、相変らずだよ、ブランク感じないよ!(笑)
つか小野田さん、コーラの缶と白いサンダル手にして、あの曲はないじゃないですかー!ワタシ、キライなのにー!!(爆笑)
てっぺいちゃんのMCも曲への持っていき方が、やっぱり絶妙ですな!
カッコイイのにカッコ悪いことしてみたり、おかしなことをしてみたり、フザけたり、煙に巻いたり・・・あーた、サイコーだよ!

でも誰もが知ってるヒット曲のどれかで、肩透かしをやってほしかったなぁ・・・あの冗談好きなのに・・・
ま、二番煎じはやらないのが米米か。
(とか気を抜いてると、不意打ちくらうしなぁ・・・)


終演後にも楽しみは残っていました。
ワタシだけが電車で帰ることもあり、しばらくは人がハケるのを待っていたんですが、その時に・・・

ココは、晴海か有明か?
それとも後楽園か豊島園か?
はたまたTFTか?

・・・というような光景がw
そう、例の衣装コスの人たちがあちこちで集まってですね、写真撮影とかしてたんですよ!
中には前々からてっぺいちゃんコスで有名だった(と思う。少なくともウチらの間ではそうだった)お兄さんもいて。
スタッフさんが「メンバーに見せるので~」って撮影してたし。
「Shake Hip」のプロモでちっちゃな女の子が着ていた衣装を着た、同じくらいちっちゃな女の子がいたりとか!(こ、これは撮影したかった・・・)

なんで、ここまで面白いコトがたくさんあんだよぉ、このライブはぁ!
ホントにおもちゃ箱みたいじゃんっ!
だから止められないし、止められなかったんだよなw



まだアトノマツリを見ていないから、何とも言えませんが・・・
ひょっとしたらマエ編は本当に「前哨戦」なのかもしれません。
米米独自ジャンルの、いわゆる「ソーリーミュージック」系は少なかったんで。
(ソウルじゃないよ、ソーリー、つまり「ゴメンナサイ」だよ)
せいぜい、海の男が空の男に変わっていたのと、えーと・・・これ以上はネタバレか?
パンフレット見ても、マエパンはわりとマトモなカッコつけ系だけど、アトパンは・・・・・・(苦笑)


ともかく、全身全霊使い果たす勢いで楽しんできました!
これで翌日は別メニューの「アトノマツリ」だぁ!!

また楽しんでくるぜぃ!!!



・・・・・・でも、筋肉痛が怖いなぁ。(苦笑)





ジャンル:音楽 テーマ:米米CLUB
2006⁄10⁄15 00:47 カテゴリー:音楽
▲pagetop








With You(過去日記)


・・・はい、8日付けの過去日記でございます。

この日、O'pperetta Performanceのミュージカル「With You」を見てきました。
こう書くと、「いったい、どこの劇団(もしくはユニゾンやカンパニー)の芝居だ?」と思われるかもしれませんが・・・
これは知る人ぞ知る、声優の田中真弓さんたちが中心の「お、っぺれった」が主体のものです。

ちなみに、これは過去日記だから、とっくに千秋楽も終わっています。
だから、ネタバレ発言しちゃっても大丈夫だよね?(苦笑)


今回はチケットを確保していただいて、受付で受け取って初めて席番が解ったのですが・・・
なーんと、最前列の1番下手の席!
舞台が近い近い!そしてステージからの冷風で寒い寒い!!
開演前にスタッフさんから膝掛け貸し出しサービスがあったんですが、借りておいて正解でした。



あ、さて。
中身は原作付きのお芝居で、神田昌典さんのビジネス小説「成功者の告白」がベースになっています。
それをお、っぺれったの永井寛孝さんが、独自のエッセンスを加えて脚本化したもの。
チラシを見たり前説を聞いてそのことを知り、いったいビジネス小説がどーやったらミュージカルになるんだ?と首を傾げましたが、なかなかどーして・・・面白かったですよ。


会社の理不尽さに嫌気がさし、大学時代の先輩からアドバイスを受けながら新規事業を興していくビジネスマンと。
いつかスターになることを夢見て、日々、行きつけの喫茶店で練習をしている売れないコメディアン2人組。
話はこの2軸を追うことで進んでいきます。

メインはビジネスマンの方なんだけど、コメディアンの方はインパクト強かったですよ。
折角、認められて売れっ子になったのに、好きなことをさせてもらえないってんでドタキャンしたりして。
それで結局、また売れなくなっちゃうんだけど、最終的には自分たちの本当にやりたいことに気付いて、それに向かって進んでいくんです。
なんか、潔くってよかったわ♪

で、ビジネスマンの方は。
会社を辞めて、最初は奥さんと二人三脚みたいな感じで頑張ってくんだけど。
これがしばらくは上手くいかない。実家の父親からは小言を言われて、関係悪化。
それでも会社が軌道に乗り出したと思ったら、反面、家庭内の空気は冷めていくという・・・ありがちだけど、結構シビアな状況に置かれていきます。
しかも会社ものっとられかけたり、潰されかけたり、何度もピンチに陥るんだけど、こっちは不思議と上手くいくんだな。

それでも、最後に最大のピンチが訪れ、その時に初めて父親の真意を知る、という・・・
これもまた切り抜けて、やっと家族と向き合う気になって奥さんの実家に行くんだけど、妻と娘は、棄てたと思っていた古いビデオテープを見ている最中で。
その中身は主人公の父親が、3歳の主人公の成長を記録したもので。
一緒に入っていた手紙の内容が、ナレーションというかたちで観客の耳にも入ってきます。

その内容がとても感動的で、それまではふつーに見ていたのに、最後に涙ぐんでしまいました。
・・・家族モノに弱いんだよ、ワタシ。



最後にカーテンコールがありまして。
マイクを通した声だったから、ナマ歌か録音かも解らないな、と思っていたら・・・
実はちゃんと女優として出演していた、歌手の高橋洋子さんが!
変装(とも言えるよ、あれは)を解いて、このお芝居の主題歌を熱唱してくださいました
しかもご自分で、歌いながら手話でも表現しているんですよ。
あれは凄かったなぁ・・・。


そんなこんなで。
とても原作がビジネス小説という、硬そうなジャンルの本とは思えないくらい、面白くて楽しいお芝居でした。





ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:観劇
2006⁄10⁄08 23:59 カテゴリー:芝居
▲pagetop








ぶぁ~さす。


今夜はWAKUプロデュースの「VS。!ぶぁ~さす ~とりあえずビール??~」を見てきました。
場所は新宿。郵便局の隣にある、スペース107でさぁ。

WAKUはちびまるこちゃんでお馴染みのTARAKOさん中心のユニット・・・なのか、な?
劇団ってよりは、ユニットとかカンパニーって呼んだ方がしっくりきそうだわ。
色んなトコから、色んな方が参加してるし。


ちなみに、今日が初日。
いつもなら稽古の日なんですが、場所確保できなかったんでね・・・
空いてしまう時間を活用して、有志15人で行ってきました。



内容は3話オムニバスで、計2時間。
でも、テンポの良さと沢山の笑いどころのお陰で、時間の流れを感じることなく、あっと言う間に終わってしまいました。
ここだけの話、終わった直後に時計を見て、まだ1時間しか経ってないと勘違いしたほどです。(苦笑)


それぞれの話がびみょお~に繋がっているばかりか、前作「HOME~ありえねぇ一夜~」のキャラクターまで出てきて大騒ぎw
これがまた可笑しいんだわ☆

もちろん、今回のお芝居単品で見ても、じゅーぶん面白いですよ。
実際、前作を見てないコもいて、何の違和感もなく見てたそうですから。

ちなみにワタシは、前作を見ております。
だからあるキャラの後日談だの、またあるキャラの本来の性格だの、色々と楽しむことができました。


それと、鶴さんの役がカッコイイの!
スペシャル友情出演とあったので、どんな役で出てくるんだろうと思ってたら・・・・・・そうきたか!

気象予報士の木原さんも、とてもテレビじゃあ、お目にかかれないような役で。
ご本人曰く、やろうもんならストップかかって、クビになってしまうような感じ。(笑)


いやもぉ、最初から最後まで面白かった!
これはお薦めですよ~。

明日(木曜)や日曜の回は、まだ席に余裕があるとのこと。
まぁ、流石に明日は無理でしょうが、興味がおありの方は行ってみては如何かと。
当日券もあるしねぃ。







2006⁄10⁄04 23:58 カテゴリー:芝居
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 banchina. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。