映画やお芝居、漫画など、趣味に走りまくった徒然ブログ。 ボークス社製球体関節人形(SD)も取り扱っております。 グラスアイや人形の擬人化等が苦手な方はご注意ください。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








六月大歌舞伎。


うわー、またしても久し振りのブログだ。
(最近、書ける時に書こうってスタンスに変わってきたからなぁ・・・)


今日は仕事を休んで、ティア吉さんと歌舞伎デートしてきました☆
ティア吉さんと、旦那様と、お2人のお友達さんのご好意で、六月大歌舞伎のチケットを頂いたんです。
それもすっごくイイ席で、もぉ感謝のしようもございませんっ!ありがとうございます!!(ぺこぺこっ)

駅で落ち合って、天すみ銀座店を覗きつつ歌舞伎座へ。
会場時間まで歌舞伎座内の外部からも入れる喫茶室でお茶してたんだけど、昼の部のお客の中に中学生とおぼしきセーラー服の団体が・・・!( ̄∇ ̄;)
最近は修学旅行の日程か何かに、歌舞伎が選択肢に入ってる学校があるんですか?
ちょっと吃驚。(^_^;)

それから間もなく開場して、イヤホンガイド借りぃの、筋書き買いぃの、売店覗きぃのとしているウチに、あっという間に開演時間。
それぞれの感想を詳しく書きたいトコだけど、あらすじ以上のネタバレもねぇ・・・。
ってことで、思ったことをかいつまんで書いてみますかね。
(それでも全部を書くと長くなりそうだ・・・/汗)



まずは幸四郎さん主演の「暗闇の丑松」
うーん、やっぱり幸四郎さんの演技力は凄いですね。中身が濃いって言うか、何て言うか・・・こぉ、ぎゅっと詰まってるカンジ。
それと、このテの役は得意なんだろうなって思います。よく見るから。

中身で印象に残ってるのは二幕。
女房のお米が自害するんだけど、その前の遣り取り見てて・・・段々、お米が痛々しく見えてきました。
お米が自殺に走っちゃったのは、丑松に信じてもらえなかったショック+今迄の反動で壊れちゃったからなんじゃないかって・・・
死を決意したように見える辺りから、何かそういう危うさというか、イッちゃってる人の雰囲気が出ているように見えたんです。
・・・まぁ、勘繰りすぎかもしれないけど、ね?

あ、それとニ幕にはワタシの好きな染五郎さんも出てます。
何せ新感線とのコラボで、ワタシを歌舞伎に引きずり込んだ方ですから、思い入れがあるんです、この方には。
今回は幸四郎さんと料理人の先輩・後輩って間柄の役だったもんで、これまたお約束的で「くすっ」となりました。
だって師匠と弟子とか、先輩後輩とか、上下関係が成り立ってる間柄の役が多いじゃないですか、この親子。共演している時に、赤の他人って役柄は少ない気がする。
そうそう、染さんといえば。最後の立ち位置が、ワタシの席の真正面だったんですよ。だからまたもや「くすっ」となりました。(笑)

つか、丑松ってあの後、どうなったんだろうね・・・?


次に、狂言が元になっている舞踊劇の「身替座禅」
ぶっちゃけ、浮気に走るダンナと悋気を起こしたカミサンのドタバタです。(ぶっちゃけすぎだよ!)

カカア天下で、口喧しくて、でもダンナにベタ惚れで、独占欲丸出しなカミサンと。
尻に敷かれてて、カミサン怖くて、でも浮気相手には逢いたくて、何とか出し抜こうと策を練るダンナ。
何か、現代にも通じるものがあるような・・・?(笑)

太郎冠者や侍女達も巻き込んでの、あれやこれやのドタバタぶり。
元が狂言だけあって、台詞回しや所作や踊りもコミカルで、笑いが絶える事はなかったです。
あ、最後のおっかけっこで、カミサンがダンナの長袴を「むんずっ」と踏んづけないか、期待してたのはナイショでお願いします。(笑)

でも、歌舞伎座であんなに大笑いしたのは初めてだったよ、ワタシ・・・


最後に「二人夕霧」
何かの後日談かパロディに当たる作品らしいんですけど、本筋を見たことがないんで、イマイチよく解らず・・・。(滅)
イヤホンガイドで解説は聞いてるんですけど、元が解らないとねぇ・・・面白さも半減するわけで。

でも最初の方の、傾城買いを指南している場面は面白かったかな。
何につけても、上手な人っていうのは、下手に見せるのも巧いんですよねぇ。
動きがコミカルで、思わず笑ってしまいました。
で、最後にこの弟子たちが実は・・・って展開があるんだけど、それまでまったく伏線がないから、これぞご都合主義って感じ。(笑)

それと、個人的に思ったこと。
借金の取り立てで身包み剥がされた伊左衛門が、紙衣姿になるんですけど、その衣装がねぇ・・・
黒と紫の地に金糸(染め?)で、恋文の文字が所々にあるって着物でして、随分と粋に見えたんですよ。
でも、紙衣姿でしょ?そんな粋な着物って、アリなんですかね?カッコよすぎじゃないのかい?(苦笑)


・・・と、まぁこんな感じ。
今回は、全体的に笑える要素が多くて、何か新鮮な感じがしました。
1つ目なんて、どっちかって言うと悲劇なのにねぇ・・・途中にドタバタがあったり、湯屋の場面でコミカルな要素もあったりしたから、やっぱり笑いはあったし。
どの演目も、必ずどこかで吹き出してました。

一幕の幕間には日本俳優協会賞の表彰なんかもあって、進行役が歌舞伎チャンネルの「芸に生きる」で司会進行している人で。
お弁当つつきながら、表彰や受賞者のコメントが終わる度に拍手したりして。
これまた貴重な場に立ち会うことが出来たのが嬉しいですね。
あ、本当の「1本締め」がどういうものかを知ることができたってのも、いい勉強だったかな。1つ知恵がつきました。(笑)



最後に改めて。
ティア吉さん、今日は本当にどうもありがとうございました。
休憩中、あちこち連れまわしてしまいましたが、大丈夫でしたか?
そして旦那様も、お友達さんも、あんなイイ席のチケットを譲ってくださって、どうもありがとうございました。

今日の舞台を糧に、また明日から頑張ろ☆
(つか、やっぱり長くなったね・・・/苦笑)


スポンサーサイト


ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:歌舞伎
2006⁄06⁄21 23:53 カテゴリー:芝居
▲pagetop








週末アレコレ。(過去日記)


いやはや、参りました。
金曜にネットを繋ごうとしたら、ウンともスンとも言わないんですよ。
(もとから言わないけど)
原因はモデムがおシャカになったことにあり、交換しなければ復活できないってなわけで。
火曜日までお預け状態でした。


でも、週末は楽しんでまいりましたよん♪
とゆーのも、鶴巻温泉に行ってきたのですよ。
前々から朔さんにお招きを受けてて、数人のSD関係の方々とお食事&露天風呂を堪能してきました♪

まず、お食事。
殆どの人がやまと豚のひつまぶしを食す中、なんとなくワタシはサラダうどん。
(シチューも気になったんだけど、単品しかなかったんだよね・・・)
うん、美味でした。
うどんも細いのにコシがあったし、具に使われてたお肉も柔らかかったし、前菜とデザートも品があって。


食事の後は別棟(つか、こっちが本館だろうな)に移動して、温泉~♪露天風呂~♪♪
外気や空調で冷えていたのか、最初は洗い場のお湯を30℃近くまで下げても熱く感じました。
まぁそれも、隣に座ってたティア吉さんと背中の洗いっことかしてる内に馴れて、逆に寒イボ出たりしたんだけど。(;^_^A

くぁ~、やっぱいいね!
温泉大好き!露天風呂大好き!!

お湯はちょっと熱めくらいで、すばるさんはあっという間に真っ赤。(苦笑)
ひとまず、のぼせないように半身浴にしたり足浴にしたりしながら、それなりに長く入ってたんじゃないかな?
お風呂から見える周囲の緑とお喋りのお陰で、時間をしばし忘れたから、感覚が・・・(笑)


その後、みやびさんとも合流して、みんなしてあしべさん&朔さん夫婦宅へ。
猫のじたにゃんと遊んだり、SD関連の受け渡しがあったり。
ワタシもみやびさんから暁琉用のウィッグ、愛のグラスアイを頂きました。
次回、お渡しするアイの色が気に入ってもらえるといいんだけどな・・・

晩ご飯は焼肉食べ放題!
この時にはティア吉さんの旦那さまも合流して、二手に分かれて食べまくる!
きっとワタシ、半年~1年分くらいのお肉食べましたよ。(;^_^A
で、食べてる最中に事務所のC姫から「出没アドマチックを見て~!」とのメール。
ティア吉さんの旦那さまのケータイを使わせて頂いて、乙女ロード特集を見ながら肉をつついておりました。(笑)


帰宅する方たちとはここで別れ、コンビニ寄りつつ移動。そして始まる撮影会。
ユニット撮影のはずが、単独ネタで遊んだり、別の意味合いを含む撮影になっちゃいました。(笑)
そんなこんなで、睡眠時間は3時間程度になり、夜が明けてからも撮影したり、カラオケ行ったりして、まるまる1日楽しんできました。


いやぁ、おもしろかった☆
構ってくださった皆様、どうもありがとうございました。
また遊んでね♪

20060614165102

あ、写真はウィッグを変えてみた暁琉と、アイを変え、尚且つすばるさんトコの桃香ちゃんのウィッグを借りてみた愛です。

うーん、別人のようだ。(´ω`)





2006⁄06⁄11 23:47 カテゴリー:日常
▲pagetop








レディースデー。


わざわざお休みをとって、映画2本をハシゴしてきました。
だって、そうでもしないと折角のレディースデーを活用できないんですよ、ワタシの場合。
(毎週、水曜日は終業後に稽古が控えているヒト)
さらに、折角頂いていたタダ券も有効に使えなくなる、仕事はどーせヒマ、ストレスは蓄まってるとあっては・・・

貰える休みは頂いて、時間もチケットも有意義に使った方が、万事よろしいのではありませんのこと?(ヘンな語尾/笑)


ま、前置きはこのくらいにしておいて。

1本目はタダ券を使って「名探偵コナン・探偵たちの鎮魂歌」
何せ今日の休暇は、このタダ券を使えないまま公開が終わってしまうのは、提供してくれた方に申し訳ない!ってゆー思いに突き動かされてのこと。
そして、単純にもう1度見たくて。(笑)

話の展開は、そりゃ1度見ているんだから解ってはいるけど、それでも面白かったです。
逆に解っているからこそ、伏線の張り方とか、セリフ回しの巧妙さが見て取れて、なるほどと思ったり。
理屈抜きにして、アクションシーンの迫力を楽しんだり。
あと、ホンの脇キャラに凄い人たちを配していたのにビックリ。(苦笑)
作画も綺麗だし、どこを見ても、流石は10周年作品と銘打つモノだったと思います。
(それでも、ワタシの1番は「ベイカー街の亡霊」なんだけどね、ホームズ好きだから/笑)

個人的に最後の方の灰原の「動くと死ぬわよ!」と凄むトコが妙にツボりました。(^^ゞ

てゆーか、横浜に遊びに行きたくなりますね、この作品。
コスモワールドと八景島に行きたい。


もう1本は、かの話題作の「ダヴィンチ・コード」
やはり話題作は気になるもんで、いい機会とばかりに見てきました。

で、事前の予備知識は何もない状態で見てきたんですが・・・

えー、無性に原作が読んでみたくなりました。
ダヴィンチ関連の資料や、西洋の宗教学の資料でもいいかもしんないね。

いや、別に訳が解らなかったとかじゃないんです。
面白かったですよ?それなりには。

でもキリスト教をはじめ、あちらの宗教に関する基礎知識があれば、もっと楽しめたかもしれないな、と。
ちょうど上述で出した「ベイカー街の亡霊」みたいに。
(この作品には、シャーロッキアンはもとより、ホームズを読破している人ならほくそ笑むような要素が、随所にちりばめられているのです)

あと、原作が気になったのは話の密度がいかほどのものかな?っていう興味から。
もっと沢山の伏線が張り巡らされていて、意表を衝く展開なんじゃなかろうか、とね。
だって、見ている内に次の展開が読めちゃったんだもん。
次に誰が裏切るのかとか、誰それの正体が何なのかとか。それもモノによっちゃ、かなり早い段階で。
だから、読んでみないと解らないけど、伏線のいくつかを端折ったから先の見える話になったんじゃないかと思うのです。

だからねぇ、うーん・・・
諸外国ならともかく、日本人の感覚では、あんなに騒ぐほどの作品じゃないかもよ?
ま、ジャン・レノは格好よかったし。
新しい興味を持たせてくれたという意味では、いい作品かもなぁ。

・・・なぁんて、えっらそー。(苦笑)

気分を害したら、ごめんなさいね?m(_ _;)m





2006⁄06⁄07 23:39 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop








溜まってる・・・(汗)


本当は今日、返却日なのにのほほんと借りてきたDVDを見ております。
・・・だって、折角半額だしと思って週末に借りてきたのに、土曜日はワークショップ、日曜日にはセレモ参列&撮影会で飛んでましたからねぇ。
帰宅してから見てたんだけど、3本目で撃沈しました。
それで朝起きてからりべんじしてたんだけど、流石に間に合わなかったんですよね。
でも、全部、ちゃんと見たかったので・・・今夜またしてもりべんじ。

大丈夫!明日の開店前までに返却すれば、延長にはならない!!


まず昨夜の内に見ていたのが「探偵事務所5」のVol.1とVol.2
これって劇場公開にあわせてネット配信されてたサイドストーリーってのを纏めたものですかね?
劇場版はまだ借りてないけど、こっちは面白かった。
また、役者がねぇ・・・凄い人たち使ってたからね、特に1話の前後編。
特定の主人公がいなくて、その話(事件)に合った探偵がメインを張るってスタイルが面白いと思います。
劇場版も見てみたいけど、こっちのシリーズも続きが見たいなぁ。


んで、撃沈してしまって、今朝も全部が見られるわけなかったのが「フライ,ダディ,フライ」
つか、今、見てます。(苦笑)
こっちは去年の劇場公開中に見に行って、結構、面白かったんですよ。
Yahoo!のレビューでは辛口な意見もあったけど、ワタシは気にならなかったな。
この映画の為に堤さんと岡田クンが頑張ってただけあって、ちゃんと伝わってくるものがあったし。
それに、この手のモノには小細工無用でしょ。

軽ぅく落ち込んでいるときに見ると、元気がもらえるかもしれません。
女性には目の保養にもなるしね~、岡田の二の腕v(マテコラ)


・・・あ、ちょうど今終わったんですけど。
ラストの映像がキレイで、お気に入りです。堤さんが両手を広げて走っていく後姿のトコ。
空と雲をうまーく使ってるなぁ~って。(笑)


セレモ2-2

内容とはまったく関係ありませんが、写真は昨日の撮影会でのヒトコマ。
ホントは全体像があるんだけど、愛があまりにもイイ顔をしていたので思わずパチリ☆

この写真を見て、凍透を女の子に変更しようかどうしようか、悩み始めた奴がココに1人・・・(苦笑)




ジャンル:趣味・実用 テーマ:趣味と日記
2006⁄06⁄05 23:03 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop








セレモ参列&撮影会♪


最近、SD関連で行事がある時でもないと、ブログの更新してませんね・・・
見に来てくださっている方、ごめんなさい。
(気付いたらカウンターが3000を超えてたんだよ、ひえー


セレモ2-1
今日はかねてよりお招きを受けていた、朔さんトコの聖樹ちゃんのお迎えセレモニーに参列してきました。
しずくさんトコのレオリオ様たちに続いて、2回目の参列です。

しかも今日って、朔さんの旦那様・あしべさんのお誕生日。


Wでおめでとうございます。m(_ _)m


セレモ中、珍しい朔さんを見ることが出来て、楽しかったですのことよ♪(笑)
店内での撮影はほっとんどできなかったけど、その分、場所を移しての撮影会では突っ走る、突っ走る・・・
みんな、イロイロと遊んでたよねぇ~☆( ̄ー+ ̄)キラーン


セレモ2-5ワタシはといえば、まず・・・

「嵐が5人揃ったから、(ジャニーズの)嵐ができるじゃ~ん♪」

そして並べてみたはいいけれど、その場にいた誰もが、メンバーに誰がいるか解らない・・・(爆)
それでも暁琉=松潤ってのは、イロモノ担当ってことで決定らしいです。

主人がそんな感じで遊ばれている頃、彼の守護天使と使鬼はというと・・・


セレモ2-3何とも微笑ましい状況下。(笑)
凍透がちまっこたちの保父さんになっておりました。
でも年が年だから、きっと見習い保父さんとか、体験教室か何かでこども達の世話をすることになった学生でしょう。
ちなみにウィッグが違うのは、忘れたからではありません。みやびさんから和音ちゃんのをお借りして、試着していたのです。
・・・なんか、女の子に見えなくもない。(汗笑)

ちなみに、この写真は後半辺りで撮った物なんだけど、妙に気に入ったので載せてみましたv


セレモ2-4さて、話を嵐に戻して。
知り合いの嵐の中でも「攻め」に分類される、うささんトコの天翔クンとウチの倅。
果たしてどっちがより「攻め」なのか、ってことで、ごいちろーさんトコの嵐君も参戦して、いざ勝負!
ポジション取りの結果ゆえか、滲み出る持って生まれた性格(性質?)ゆえか、この時の勝者は暁琉。(苦笑)
じゃあ、2人に絞ってみたら?と思ったら、やはり天翔クンよりも暁琉の方が攻め顔らしい。
じゃあ、そんな2人の間に受けのたっくんを入れてみたら・・・そのサマを見た時のワタシの第一声が・・・

「・・・ちょっと待て。

これじゃ、双子に挟まれた

ハルヒぢゃん?!」
桜蘭高校ホスト部)


てーことで、「ポージングの魔術師」とか「セッティングの魔術師」とかゆー肩書きを持つ身としては、俄然闘志が湧くわけで・・・
セレモ2-6

やっちゃいましたよ、ほぉ~ら!

・・・写真の取り込みと、色調補正と、このレタリングに費やしていたので日記が遅れたとです。

ちなみに、部分的にアップも撮ってますよ~。
折を見て、機会があればこちらにもアプしようかと思います。
うふふ、鏡環が撮れたvv(マテコラ)


あー、本当に楽しい1日でした☆
朔さん、ありがとうございました。
そして参加されたみなさん、お疲れ様でした&お付き合いありがとうございました。
また遊んでやってくださいませ♪




ジャンル:趣味・実用 テーマ:スーパードルフィー
2006⁄06⁄04 23:32 カテゴリー:SD
▲pagetop










| HOME |



Copyright © 2006 banchina. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。