映画やお芝居、漫画など、趣味に走りまくった徒然ブログ。 ボークス社製球体関節人形(SD)も取り扱っております。 グラスアイや人形の擬人化等が苦手な方はご注意ください。
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








品プリで映画三昧。


利用できる機会は滅多にないので、昨日、ここぞとばかりにレディースデーを活用してきました。
とはいえ、「三昧」だけあって、今回は3本だけです。
おとなしめでしょ?(チョットマテ)
・・・たぶん、ランチがなかったら4本いってたかもしれないケド。


まずは午前中に1本、「西遊記」を見てきました。

ワタシが見るってのは、ある意味、意外かもしれません・・・
このテを見ることってあまりないどろこか、ドラマ自体は最終回しか見てないもので。(爆)
それだって、元祖・悟空役とも言える堺正章さんが出演するって情報があったから見ただけだし。

それというのも、原作が好きな分、ドラマは設定からしてびみょーな脚色されすぎて見る気がなかったのですよ。
オリジナルキャラの泥棒娘がレギュラーになってるかと思えば、白竜(竜王の息子が変化してる三蔵の馬)はいないし。
メインキャラの設定もちょっと・・・
悟空はあんなバカじゃないし、八戒と悟浄から「兄貴」と呼ばれるだけのモノを持ってる
八戒はもっと物欲まみれで狡賢いし、悟浄は冷静でどっか悟ってるようなトコがある。
それでも、映画は金角・銀角の話だって言うし、ドラマの最終回を見た限りじゃアクションは上手そうだったしってんで、見る気になったわけです。(エラソーだな

・・・うん、アクションとギャグは面白かったです。
流石はウッチャンですよね、過去にジャッキーに認められただけのことありますわ。
慎吾も運動神経いいから、サマになるし。

ただ・・・
折角の金角・銀角話なのに、芭蕉扇の扱いが・・・ただの金角の武具にしか使われていなかったのがちょっと・・・・・・
紅葫蘆はそれなりに活用されてたけど。
あと、名前は出てこなかったけど、銀角が振るってた刀は七星剣でいいんですかね?
羅刹女も出てこないし。
それにラスボスがいるなんて、ね。
金角・銀角ってもっと強いはずなのに、ね。
ヒロインのコの台詞回しも、ね。

ま、頭をカラッポにして楽しむ分には、迫力もあっていいのではないでせうか?
それか、子供が原作に興味を持つ足掛かりにするんだったら・・・って、微妙ですかね。
日テレのドラマは原作に忠実で、子供心に興味を掻き立てられたものですが。
(むしろ「ナマカ」なんて変な言葉を子供が真似したりしないか心配)

タイトルが「西遊記」でなければねぇ・・・ふつーに「『西遊記』をモチーフにした娯楽作品」として楽しめたかもしれないけど。
「最遊記」とか、手塚治虫の「悟空の大冒険」とかはそれで成功していると思うし。



見終わってから、品川駅を横断して港南へ。
元同僚と落ち合って、ランチを一緒していました。
つい今し方見てきた映画の話やら、双子の話やら、仕事の話やら、B'zのシークレットライブの話やら、話している間にあっという間に時間が経ってしまいました。

品プリに戻ってみると、ちょうどいい時間の作品がなくて、チケットだけ確保してWingの中をぷ~らぷら。
本屋で1時間くらい物色し、伊坂幸太郎の「チルドレン」を購入し、時間がくるまでお茶しながら読み耽っておりました。
ホントは死神の話が欲しかったんだけど売ってなくて、ある中で1番興味をそそられた物を買ったんです。
まだ冒頭部分ですが、面白いです♪



さて、2本目は「トランスフォーマー」の吹替え版。
アニメの初代コンボイ役の玄田さんが・・・えーと・・・オプティマスプライム・・・だっけ?
ともかく、サイバトロン側の司令官役だったので吹替えを選びました。
(ガキの頃にアニメ見てたワタシには司令官=コンボイなんです、他の名前付けられても頭に入らないよ~)
まぁ他にも、時間配分と一般館上映ってこともあったので。
(プレミア館で字幕やってたけど、レディースデー適用外なんだわ、ケチよね)

予告を見た時には「宇宙戦争」と似てる(監督も同じだし)ような気がして、全く期待してなかったんですけどね?
うん、面白かったですよ?
ちゃんとサイバトロンとデストロンに分かれて勧善懲悪してたし、主人公の男の子の成長過程も無理がないし。

ただ、時間内に収めなきゃいけないから仕方ないけど・・・
時間の割には人間側エピソードがゴチャゴチャと多くて、どこに焦点が置かれてるんだ?って疑問がチラッと掠めはしました。
まず、ハッカー探しのトコを削っても良かったんじゃないかしら?

あと、あの秘密組織もいらない。
・・・とまでは言わないケド、国防総省の1セクションにしとくとか。
もしくは冒頭に登場する部隊の大尉がその一員だったとかって方が、ストーリーはもっとシェイプできるし、存在自体が話に食い込めたのでは?
あれじゃ後付け設定みたいで、軽い感じがする。
勿体無いですよ。

つーか、もーちょっと早くコンボイ(敢えてコンボイ)たちが出てきて、主人公と友好を深めてくれた方が作品(原作?)本来の趣旨にも沿った形になるんじゃなかろうか?
それと、アメリカンジョークなのかもしれませんが、子供も見る作品で露骨な性的ギャグを出すのはどうかと・・・・・・
「フルハウス」とかは上手くぼかしてると思われるだけに、何かね。(比較対象が間違ってるかな?)


CGの精巧さとか、バトルの迫力とか、地球外生命体相手ならではのギャグとか、青年の成長過程とか、アクションとか。
色々と素晴らしい部分があるだけに、もーちょっと何とかしてくれても良かったんじゃないかという要素が浮き彫りになりました。

でも、面白いですよ、本当に。
あっという間に時間が過ぎましたから。



最後に見たのが「レミーのおいしいレストラン」の字幕版。
ディズニー映画もこれまた、あまり見ないワタシですが、この作品に関してだけは予告を見た時から必ず見に行こうと決めていた作品です。

これは、イイですよ。
今回見た中でも1番イイ。

確かにネズミが一流シェフを目指すなんて、荒唐無稽というか思いっきりファンタジーですが、いーじゃないですかアニメなんだもん♪
それに見てみるとちゃんとした筋書きになっているから、無理がないというかすんなり見れちゃうんですよ。
ネズミのレミーと人間のリングイニの交流も、お約束的なとこはあるけど、それが反っていいですし。
悪役らしい悪役もいない・・・ってことはないけど、どこか憎めないし。

それに作品全体がとってもポジティブ。
特にレミーは何度もトラブルや危機(って書くのは大袈裟かな?)に陥るんだけど、頑張って回避して退けるんです。
ネズミならではの動きや、調理器具の動かし方も面白い。
爽快感もあって、最後には心がほっこりと温かくなりました。
そして美味しい物が食べたくなります。(苦笑)


今回はこの3作品だけだったけど、来週も何かしら見に行こうと思います。
今度は「オーシャンズ13」辺りかな。


スポンサーサイト


ジャンル:映画 テーマ:映画感想
2007⁄08⁄16 17:43 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop








フェルプス兄弟を囲む会


スレッドテーマ、何にしようかと迷ったんですが・・・
ま、これでいいかなと思って、「関連ネタ」です。(^_^;)


またもや気合入れて行って来ました、双子に会いに!
だって、これが最後だもん

舞浜駅にてmixiのコミュ経由で待ち合わせた皆さんと無事合流。
ただ、1人だけ上手く連絡が取れなくて、ご一緒できなかった人がいたんだけど・・・彼女は彼女で楽しめたんだろうか?
会場で更に1人と合流し、更にmixiとは全く関係ないけど近くに1人でいらした方がいたので、すかさずナンパに走ってしまいました。(爆)
・・・や、だって。
上野のサイン会の時に感じたんだけど、1人ってやっぱり淋しいんですよ。その場で嬉しさや楽しさを誰かと共有できないから。
自分がそれを体験してるから、折角の機会にそんな思い味わうなんて勿体無いって思って、ついつい・・・ね?

そんなこんなで、基本形態6名でワイワイしてきました。
他にもmixiで名前だけは知ってる方、何人かとお会いすることもできて。
ちょっとしたオフ会っぽくて、仲間に会えた気がして、そういう意味でも嬉しかったし、楽しかったです♪



んで、肝心の会の進行の方だけど。
司会のお姉さんが結構、ネタを投下してくれましたよ~。

双子の順番間違えたりとか、間違えたりとか、間違えたりとか。
Oliverがお兄ちゃんなのに、ずーっとJamesをお兄ちゃん呼ばわりしていたんですよ。
それでイタズラ心を起こしたのか、司会が「ではJamesさんからご挨拶を・・・」と言われた時、示し合わせてOliver先行。
しかも自分がJamesだって自己紹介したりするもんだから、ファンの間からは「えー?(笑)」って声が挙がる。
「あ、バレた?やっぱり?」って感じで笑ってる2人が可愛かったです

2人の紹介と挨拶、3問程度の質問コーナーを経て会食。
といっても双子とご両親、ジョン(マネージャー)さんたちは、隔離状態。
まぁ、そうでもしなきゃ写真撮るのに夢中になって、誰も料理に手を付けないどころか、とんでもない混乱を招いていたかもしれないから・・・仕方ないね。
(あ、我々は立食バイキングでした)


その後、しばらくしてから、1人ずつ双子と交流&記念撮影する時間が設けられまして。
整理券番号順に呼ばれていきます。
ワタシたちは50番台後半辺りだったので、かなり後ろの方。
待っている間、どんなこと話そう?とか、どんな写真を撮ろう?なんて盛り上がりつつも、ちょっとハラハラしてました。

だって、どんどん時間が押していく・・・

ふと見れば、主催会社の社長さんがピリピリしているし、司会のおねーさんは言葉の端にトゲが見えてきたし。
もしも途中で打ち切られちゃったらどうしよう?ってもぉ、戦々恐々。
ま、多少駆け足になりつつも、ちゃんと最後まで順番は回ってきましたがね。(ふぅ)

そんな心配の中順番が来て、みんなと台の下手側に並んだワタシはというと。
直前でスタッフさんと盛り上がっておりましたwあはww
今回もね、当然、着けてったんですよ、双子モデルのごっつい時計。
そして今回も列整理していたのが、サイン会の時のお兄ちゃんだったんです。まず、彼にはとっくに面が割れてるじゃないですか。
更に整理券を確認していたお姉さんも両腕の時計に気がついて、「うわー凄い!人気があって、品切れ状態が続いていたのに、2つとも持ってるなんて!」と。


で、番が来て壇上に上がると。

通訳のお姉さんまでが、時計に過剰反応ー! (°▽°;) エッ!?
双子に時計のこと真っ先に話してるー!!

・・・思わず、両腕翳してお見せしましたよ、時計。
そしたら、川崎の時と似たような反応が双子から返ってきました。
んで「どっちかになんて選べなかったんです」と正直に話してみると、通訳を挟んでそれを聞いたJamesが・・・
「それが1番平和的だよ」
そして頷いているOliverの姿があったとさ。

オチが着いたところで、本来話そうと思っていたことを通訳さんに伝えてもらいまして。
何がってーと、「ワタシもレッチリが好きなのよー♪」と。
本当はBON JOVIもFOO FIGHTERSもQUEENも彼らの影響なんだけど、咄嗟にでたのはレッチリだけだったんですよ。
時間的脅迫観念もあったし。

そしたらJamesが「どの曲が好き?」と聞いてくれた(もちろん、通訳さんを通して)のに、「はい、お時間です」とか何とか言う司会の声・・・
(ちょっとこの辺、不公平というか不満を感じる・・・まぁ、仕方ないんだけど)
それでも聞いてくれたことには答えたくて、パニくった頭をフル回転して、なんとか「あぁ~『DANI CALIFORNIA』&『SNOW』」と答えてきました。
(どっちもデスノ関連・・・

そうだよ、ホントはレッチリに関連付けてデスノのことも話したかったのにー!
他にも聞きたいことや話したいことあったのいんー!
・・・・・・上野のサイン会で、映画の感想だけでも伝えといてよかったです。
アレもコレもって思ってたら、周り無視して絶対ブラックリストに載ってたわ、たぶん。


全員との交流を終えてから、今度はビンゴ大会。ワタシは敗退。
リーチすらできなかった。

そーしてあっという間に会は終了。
双子やジョンさんの挨拶があって、双子の退場を見送って、そーして我々も解散です。
折角だし、記念にと思って、スタッフのお兄ちゃんとツーショ撮ってきました。
名刺も貰ったので、何かあれば頼るとしませう。



あー、楽しかったー。
また来日してくれるといいなぁ・・・

それまでには、少しでも英語が話せるようにしとかなきゃ。




ジャンル:映画 テーマ:映画関連ネタ
2007⁄07⁄30 23:21 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop








上野サイン会。


興奮してたのかなぁ?
目覚ましよりも2時間も早く目が覚めてしまった。実質、4時間しか寝てないわ・・・
なんでって、今日は上野で双子のサイン会があったからですよ!
当然、行こうと思ってたんですよ。
なのに、興奮してたのか寝つきも悪ければ、目覚めも早く・・・・・・

それでもまるで普段着かのように浴衣を着て、あの酷暑の中、アメ横をパタパタと歩いて行ってきました!
(まぁ、実際、日舞をかじってたことがあったんで、浴衣は着慣れております、ハイ)


そーして、浴衣姿で双子と3ショ撮ってきました♪
出来上がり見たら、も、満面の笑みですよ、ジブン
ささやかなプレゼントも渡してきたし、握手&ハグしてきたし。
自分のカメラで撮影はしてないけど、取り敢えずは満足。

それから、いきつけのお店に行って涼を取りつつ腹ごしらえ。
その後、よせばいいのにてけてけ歩いていって、不忍池から入って上野公園を散策。(暑いのに・・・)
濃いピンクの蓮の蕾を見て、咲いてるところを想像しつつぐるりと回り。
西郷さん経由で駅に戻り、ロッカーに預けてた着替えを取出し、暑さに耐えつつフルチェンジ。
ホグワーツ夏制服(単にワイシャツとネクタイと黒いズボン)で2巡目突入でございます。
ネクタイと化粧直しだけは会場脇のトイレで済ませたんだけど、そこで既に自分の番は終わったとゆー方としばし語らっておりました。


そーして、またもや3ショ&ダブルサイン
浴衣姿の時は流石に着けてなかったけど、今度は再び両腕に時計装着して気合い入れました!

・・・それでもやっぱり緊張はする。
例え3回目でも、双子が優しくてもするもんはします。
列整理のお兄ちゃん(2回とも川崎の時と同じ人。しっかり顔を覚えられてました・・・)が
「もう3回目なんだから、緊張はしないでしょ?」
って言ったって、するもんはするんだい!(〇>_<)

でも、今回は思い切って、腕を組ませてもらいました!
何とかお願いしようと思って拙い英語を使ってみるも、拙いもんはやっぱり拙いわけで。
最初は伝わらずに、肩組んでくれようとしたんですよ。
で、「あ~・・・」とちょっと唸ったら、Oliverが察してくれたようで、腕を差し出してくれました。
ありがとう、Oliver!疲れてるだろうに、気を遣ってくれて。
・・・出来上がった写真、ワタシ、してやったりって顔してましたわ。あはは。


そして。
サインの列で待ってる時、例のお兄ちゃんに通訳はできないか聞いてみると・・・
「あー、俺全然ダメ。じゃぱにーずおんりー」
「あはは、じゃぱにーずおんりーなんだー、みーとぅー」
なんて言ってたら、なんと社長に通訳頼んでくれました!
ありがとう、お兄ちゃん!あーた、いいひとだ!!

お陰様で映画の感想は伝えられたし、双子ツーショも撮らせてもらえて、握手もできて、大満足☆
ホントはもっと伝えたいことがあったけど、それは囲む会とゆーチャンスがまだあるさ!


にしても今回、双子もだけど、お兄ちゃんも社長さんも気を遣ってくださって、本当に感謝感謝です。
人に優しくすると、きっとイイコトが還ってきますよ。
・・・てことで、ワタシも少しは見習おうと思ったのでした。

でも、追記にちょっと毒吐いてます。(ヲイヲイ)

▽read more




ジャンル:映画 テーマ:映画関連ネタ
2007⁄07⁄28 23:48 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop








舞台挨拶とサイン会☆


んっふっふっふっふ・・・
行ってきましたよー!

109シネマズ川崎で行われた舞台挨拶
あーんっど。
ラゾーナ川崎内のナムコ・ヒーローズベースで行われたサイン会&握手会


まず、舞台挨拶。
昨日の日記にも書いた通り、上手側の席をげっとしてました。丁度通路が十字に走ってるすぐ横の席です。
映画館窓口で8組目位に並んでいたので、細かく選んで購入することが出来たのです。
入口が両サイドにあるからある種賭けだったんだけど・・・

カミサマ、アリガトウ!

今回ばかりは、存在を信じたくなりました♪
時間にはギリで間に合ったし、上手から入って、上手にハケたんですよ、双子!!
ぅわーい、ぅわーい、間近で拝めた~、昨日より間近で拝めた~
こいつぁあ幸先良い♪と思いつつ、隣のおば様がキャーキャー言ってたので、遠慮なくキャーキャーしてみましたww

質問の内容とかは昨日の丸の内とほぼ同じ、双子の答えもほぼ同じ。違いは1問ずつ、交互に答えていったくらいです。
(内容については、どなたか他のファンの方のレポを参照してください。ワタシはそれどころではなかったので・・・)
司会は川崎のおねーさんのが上手かったですね。
でも肝心の通訳さんが・・・端折りすぎ・・・・・・折角、2人がアレコレとコメントしてくれてんのに、勝手に略さないでヨ。
しゃぶしゃぶとか。
あ、あと違ったのは客席からの花束贈呈があったこと。


映画の感想は昨日、ちょこっと書いたので割愛します。
まだまだ先は長いのだ。あまり触れたら楽しみがなくなるデショ?
あー、でも空を飛ぶならやっぱり箒だな、って感じです。(何ソレ?)


映画終了後、さっさか化粧しに行って、そのままナムコへ。
そーしたら、1回目は既に受付締め切りで、16:00からの2回目の整理券を配ってて。
貰ったはいいけど、かなり時間がある。
ひとまずラゾーナ内で暇を潰し、再度化粧を直してから、いざ、列へ。

列が動くのを待っている間に、双子登場~♪
並んでるファンの列にちゃんと手を振ってくれました☆
そしてこの辺りから、ワタシの心臓はバクバクと音を立てるのであった・・・
えぇ、そりゃあもぅ。
嬉しいと同時に、どーしようどーしようってメッチャ緊張してんですよ!
ピーク時なんて、未だかつてない位緊張してたかもしれない・・・


コースを選び、会計を済ませ、人の流れを待ち、壇上に上がり、荷物を預け、あとは順番が来るのを待ちます。
今回はサインだけでなく、一緒に写真を撮ってもらえるのです。
だから撮影を何組か済ませた後、今度はサイン組って感じで交互に進んでいくわけですね。

で、この待っている間のこと。
ワタシ、双子に会えるってんで、Red Monkey製の双子モデルの時計着けて行きまして。
そしたら、列整理をしていたRed Monkey側のスタッフのお兄ちゃんが、そっち側につけてたOliverモデルを目聡く見つけたんですよ!
「おっ、スゲェ!」とか言って。
思わず「へへっ」と反対側に着けてたJamesモデルも見せてみると・・・。
「おおぉっ、もっとスゲェ!ヽ( ̄▽ ̄)ノ」
とイイ反応してくれて、思わずそこからフレンドリーに喋ってました。
いやぁ、ノリのいいお兄ちゃんで面白かったわw

そーして、きたよ、ワタシの番!

手前にいたOliverにまず握手してもらって、英語が話せないワタシは身振りで「同じの着けてるんだよ」と右腕見せてアピールしてみました。(苦笑)
次いでJamesにも握手してもらい、同様に左腕を見せてみる。
2人とも「おっ?!」って顔してくれて。
その後にOliverはふわって笑ってくれたし、Jamesは「Wao!」って声挙げてくれたので、どうやら伝わったらしい。ほっ。

そして、超至近距離で双子に挟まれた(肩抱いてもろたv)状態でカメラマンさんに撮影してもらい・・・
うっしゃ、ハグする~!と思ったワタシ。(←マテコラ)
Jamesが手を差し出そうとしてくれるのとほぼ同じタイミングで、抱きつこうとしてました。(激爆)
当然、ワタワタしてしまいまして。
Jamesと一緒に「えっ、握手が先?ハグ?あれ?あれ?あれ?」ってな状態になって、お互いに大笑いしながらハグしてもらいました。(苦笑)
(もちろん、その後に握手もしてもらった)
当然、Oliverはその様子を見ていたわけで、彼は握手の先にハグしてくれました。
・・・つか、ゴメンね、Oliver.
ワタシ、ちょっとだけ足踏んじゃってたよ、重心かけてなかったから、触れた程度だけど。(しゅん)


写真の出来上がりを待ってから、今度はサインです。
(いやぁ、かなりデカイですよ、あの写真・・・)
ここでまた、あのノリのいいお兄ちゃんが誘導してくれたんだけど、写真を見て
「あれ?(カメラに向かって)見せなかったの?時計」
「だってー、そしたらこんな感じ(両腕でガッツポーズ)になっちゃうし」
「あぁ~、そっか」
「でも、2人には見せたよ?同じのしてるよって」
と、ここでも軽く話をしてリラックスさせてもらいました。

まず、Oliverがサインしてくれます。
その間、Jamesは待ち状態なので、声をかけてケータイ見せて「OK?」と聞いてみると笑顔でケータイを見てくれたので、即座にパシャリ。
次いで、サインが終わって、また握手してくれたOliverにもケータイ見せて聞いてみる。
James同様、すぐにカメラ目線してくれたので、これまたパシャリ。
握手してもらって、サインが書かれた写真を携え壇上を降りると、証明書と保存用のフィルムを受け取りました。


はぁ~、若くても英国紳士だったわ、2人ともvv
よし、上野の時は2巡しよ。浴衣と制服コスで。(ちょっとマテ!)




ジャンル:映画 テーマ:映画関連ネタ
2007⁄07⁄21 23:10 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop








初日舞台挨拶♪


発売日に気合入れてチケットげっとし、行ってきましたよー!
「ハリーポッターと不死鳥の騎士団」の初日舞台挨拶in丸の内ピカデリー!
ゲストは来日したばかりのフェルプス兄弟!
我が愛しの双子!!

本当はキャパの小さい丸の内ルーブルの方に行きたかったんですが、ぴあのプレリザーブも、一般発売の店頭並びも全てダメだったんです・・・
よかった、ピカデリー取れて。(今更ながら、ほっ)


会場に入ってみたら、ワタシの席は中央のブロックの中でも下手通路側。
しかも前から5列目。
翌日にある川崎とちょうど反対側だぜらっきー♪
(ええ、川崎の方もげっとしたんです、発売日に映画館に並んで)

・・・と思ってたら、双子の登退場は下手!

キター、目の前キター!!!!!






はぁ、カッコ良かった・・・・・・







んでもって、すんごく2人が仲良しさん♪^ー^)人(^ー^
司会のおねーさんが喋ってる時は会場を見渡したり、通訳の方の話に耳を傾けたりしてんのに。
どっちかが話してる時は、もう1人は大抵、それを見てるのですよ☆
質問に顔見合わせたりしてんのですよ☆
世界に現在2つしかない、お揃いの時計してるのですよ!
(注:来月発売予定のグッズです。双子が着けてたのは限定品?)
つーかJamesさん、何故にそんな、日本の通販番組の人みたいな見せ方を・・・・・・


ホンの短い時間だったけど、すんげぇシアワセでした゚+。(*′∇`)。+゚




あ、さて、肝心の中身ですが。
若干、ネタバレに抵触するんで、イヤな人はスルーしてください。


ルーピン先生、出番少なっ!
シリウス、原作以上に・・・あ、これは言わないでおこ。
学生スネイプ、ハマり過ぎ。
鹿サマーー!ダンが2役やるよりこっちがいい、こっちでいいっ!!
懐かしいシーンがちらほら・・・
ルーナ、意外とイメージ通り。
相変わらず、端折りまくり。(まぁ、それは仕方がない)
ジニー、健気で可愛いっ!
今回はダンブルドア軍団中心かな。


そして、やはり・・・



ふーたーごー



はい、お後がよろしいよーで。





ジャンル:映画 テーマ:ハリーポッターと不死鳥の騎士団
2007⁄07⁄20 23:47 カテゴリー:映画・DVD
▲pagetop










| HOME | next >>



Copyright © 2017 banchina. All Rights Reserved.
template by nekonomimige & blannoin photo by Encyclorecorder
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。